慰謝料請求は難しい

慰謝料を請求して、スムーズに受け入れられることはめったにありません。そもそもすんなり払うような相手なら、問題がそこまでこじれることはないはずなのです。

では慰謝料請求がどう難しく、どれだけ負担になるものか、少しの例を挙げてみましょう。

内容証明多くの人は慰謝料の請求書を、内容証明で送ります。しかし内容証明は、回答を義務付けるものではありません。リアクションがないことがほとんどだといい、まったくもって苦しい思いが増すだけです。

また、話し合いに応じたとしても、言い訳を重ねて事実を認めないことがあります。たとえば不倫の慰謝料請求であれば、不倫の証拠がない、そんなことはしていないと突っぱねる者は少なくないのです。

証拠を集めて裁判所に持ち込むことも可能ですが、残念ながら、法律の知識がない者が集めた証拠は、不十分となることもあるようです。

慰謝料の請求には、これまで自分が味わってきた苦痛を思い出し、第三者を納得させられるような体裁に、冷静に記す必要があります。精神的な負担を考えると、請求自体をあきらめてしまう人が多いことは、決して不思議ではありません。

しかしそんな不正義が許されるのも、腑に落ちないことではあります。正しい筋を通すために、できることはほかにないでしょうか。

弁護士に依頼して慰謝料を請求したい

喧嘩慰謝料とは、精神的な苦痛に対する賠償のことです。たとえば、配偶者の不倫であったり、交通事故の被害があったりした場合に、相手に請求することができます。

しかし相手との交渉が、得意な人ばかりではないでしょう。特に人間関係がこじれてしまった場合には、相手と顔を合わせるのも苦痛のはずです。

また、こちらが出した条件を、相手がすんなり飲むはずもありません。どれだけ証拠を提示しても、言い訳を重ねる不誠実な人間は大勢います。そんな相手と話し合うくらいなら、いっそ泣き寝入りのほうが楽だと感じることもあるでしょう。

しかし世の中には、そうした難しい交渉を代行してくれるサービスがあります。法律の知識を持って証拠を集め、交渉をし、世間一般の相場相応の慰謝料を勝ち取ってくれるサービスです。

現在では、特に不倫に関しては、無料で相談を受け付ける弁護士も多いようです。慰謝料の請求で悩んでいる人は、弁護士への相談を検討してみてはいかがでしょうか。交渉を第三者に任せることができるだけでも、精神的な負担はかなり軽くなるはずです。

中には、裁判みたいな大げさなことはしたくないと考える人がいるかもしれませんが、弁護士への相談は、必ずしも裁判につながるわけではありません。

このサイトでは、弁護士に相談する方法、その際にかかる費用、相談のメリットなどをご説明しています。個人で、進まない慰謝料請求の問題を抱えている方は、ぜひご覧になってください。